2017-05

画像や記事を無断でコピーされました。

画像や記事を無断でコピーされました。
コピーサイトを発見 ここはhttp://naorukamo.blog.fc2
画像や記事を無断でコピーされブログ風サイトが作られているのを発見
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。
これからは画像や記事にURLやFC2であることを随所に入れていきますので
少々見苦しくなりますが よろしくお願い致します。
( この記事は常にトップにきます )

キーシリンダー

ロック 解除が、できません。
そもそも回らないのですよ。
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




外して洗浄清掃グリスアップ
表プレートを修正

軽くロック アンロックが、できるようになりました。

古い軽トラックは簡単構造で修理し易いですよ。
最新のコンピュータ連動式は、頭が膿みますですです。
外車は、頭が膿み 手が腫れます ですですです。

エアコン コントロールパネル

温度調節ができません。
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




ダッシュボードを外して
オーディオとエアコンコントロールパネルユニットを取り出し
部屋に持ち込みます。
コントロールパネルのふたを開けて拡大鏡で観察
あちらこちらの半田が割れて断線状態
ちまちまと補修しましたのですが、
直ったのか否かは車に取り付けてみないと判りません
なんとか一回で、正常作動するようになり ホッ

新品と交換すると部品だけで 5万円以上するそうです。

自動車にチップ部品は、
耐久性が無いため不適格と思うのですが
花盛りですね この時代は........................

コードレス丸のこ

フルメンテナンスしました。
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。



松下 12Vコードレス丸のこ
完成写真


dcmarunoko02.jpg

分解 洗浄 各部品の点検


dcmarunoko03.jpg

モーターを分解して 清掃 点検
整流子なとを研磨 グリス交換


dcmarunoko04.jpg

スイッチを分解して、接点研磨洗浄


dcmarunoko05.jpg

ギア部を 洗浄 点検 グリス交換

いつものことですが、松下さんのは、
組み立てるのが難しい
知恵の輪ですよ
何回やり直したことやらです。
順番に やらないと ネジ1つ忘れても
また分解して最初から組み直しの繰り返しなのです。

ドリルケース3

ドリルケースを改造しました。3
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。





前回と同じく日立のプロ用ドリルケースを改造。

中をくり抜いて
日立ドリル 2個 電池 2個 充電器 1個 を
収納できるように改造しましたよ。

日立ドリルドライバーの手持ちがありませんので、
そのうちに入手しましょう。

VHSテープ

テープを移設しました。
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。


vtr01.jpg

大切なVHSテープが破損したそうで、移設しましたです。
メーカーが違うため巻移しが必要と覚悟していたのですが
嵌めてみるとピッタリ決まったため、そのまま交換
エンドをつけ換えて蓋をします。

簡単のように見えますが
失敗の許されないものは、神経を使いますです。
早めにDVDに変換して下さいね。

カラオケアンプ キーシフト エコー付き

カラオケアンプ修理
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




業務用カラオケアンプ
 キーシフト エコー付き BGM自動切り替え

古い物ですが、綺麗に使用されています。


karaokesifter02.jpg

マイク入力コネクター 
 6個の内4個が破損していましたので修理

この基盤取り付け用コネクターは、定番のように
接触不良 破談 半田割れ します。 

安価ですし配線不要 製造コスト最小なので仕方ありません

手荒に扱うと、すぐに故障しますです。

最近は、超高級機にも使われています。
高価な機器なので部品も 
いい物が使われているとは限らない時代のため、
しっかりと見極めることが必要なのですが、
み〜んな コレが使われていては、なんともかんとも。。。
保証期間が過ぎたら、自分で改良するしかないですね。
メーカーは3年ごとに新しいのを買ってね って ところでしょうね
きっと

ドリルケース2

ドリルケースを改造しました。2

ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




前回と同じく日立のプロ用ドリルケースを改造。

中をくり抜いて
松下ドライバー112とインパクト603 電池 2個 充電器 2個 を
収納できるように改造しましたよ。

ニッケル水素電池も収納するために、やや大き目

充電器のコード出口位置が、なんとも収納に不便

本日は、知恵の輪でした。

コードレスドリル電池アダプター

コードレス充電式ドリルを
鉛コード式バッテリー駆動にする
アダプターの製作
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




充電ができなくなった電池を取り出して、
ヒューズと逆接続警報ブザー回路を、ケース内に増設
ケーブルを外に出して鉛バッテリーに直結するアダプターを作りました。

ドリルが相当軽くなり 楽ちんです。、
電気容量が10倍以上ありますので30分充電で数日使えます。

コードレス充電電池は高価で、稼働時間が短く、
すぐに寿命になり困り者です。


113dr16.jpg

配線を頑固に製作!!!!!!!!!!!!

無段階速度が できるドリルのなかには +-逆接続すると
故障する機種があり心配です。
そこで
逆接続するとピー警報音が、鳴るように
回路を組み込みました。

逆接続してもピーだけ
ああ間違えた〜 継ぎ替えようで 故障が防げれます。

たまにドリルを付けずに ワザと逆接続して警報音作動状況を点検しましょう。

おじさんは、
新品コードレスドリル電池は1度も買ったことないのでした。!!

コードレスドリル改造2

外部12V鉛バッテリー駆動に改造します。
フルメンテナンスもします。2

ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




圧電ブザーが入荷したので、作業継続開始
トリガー端子に逆接続時警報回路を組んで取り付け
握り部に3ミリの音だし穴あけ
仮組みして試験 良好
ヤレヤレです。


113dr12.jpg

チャックを整備します。
ここを整備される方は少なく案外盲点なのです。

グリスを入れて 10回位 爪を出したり引っ込めたりして錆を
グリスに溶かしだしてパーツクリーナーでゴミと共に除去
これを数回くりかえします。
ペーパーウエスを回転させながらねじ込ませて
爪滑動部以外の錆やゴミを取ります

最後にチャック留めの逆ボルトの緩みを点検し、
適量のグリスを充填します。

ビット交換作業が、とても快適になりますよ。


113dr13.jpg

チャック外装周りを清掃 研磨

113dr14.jpg

今回はシリコンコーキングを上品に充填

なのですが.......................................
いつまで経っても 床屋さん みたいに 上手くできません
粘度に合わせてヘラを動かすと頭では判っていても
できないのです。
50年間 半田ごてを握っているためなのか
半田ごての速度にすぐ なってしまい いつもシワシワに
半田の流れは ご飯時の箸使いのように無意識にできるのですが、
こればかりは、なんともなりませんです。
いつも大工さんに 下手くそ〜と 言われ続けておりますです。はい!!


コードレスドリル改造

外部12V鉛バッテリー駆動に改造します。
フルメンテナンスもします
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。


113dr01.jpg

分解してみると、内部がとても綺麗です 
室内使用で、上手に使用されていることが よく解ります。


113dr02.jpg

エンドカットします。
小指が掛かって落ちたり抜けたりしないようなデザインにして、
見た目も美しく、カッコヨク!!
いつもと違い3方向切りしてヤスリ仕上げです。


113dr03.jpg

機構部とモーターを観察し、メンテナンス方針を考えます。
グリスが黒く無く、粉状態になっていることから、
低速回転の高トルクで使用されていることが判ります。
切り屑が無いのでドリル作業ではなく、
固い木材等に大きめの木ネジを打ち込む作業形態と推測します。


113dr04.jpg

機構部を分解し 点検 清掃 古いグリスを除去

低速回転の高トルク用に合わせて
2、3段目は
1番×0.8のやや固めにグリスを調合して封入

1段目は
高回転ですので1番×0.6位にグリスを調合して封入

通常は、1番×0.4の柔らか目を入れています。


113dr05.jpg

トリガーを清掃 点検
新型です、唸り音が出ないように進歩しています。
トリガー試験機に接続し、波形と周波数を測定
波形の切れが 良好
周波数が高いので、
高性能トランジスタが採用されていると思います。


113dr06.jpg

整流子研磨機にかけて整流子を磨き上げます。

低速回転の高トルクで使用されているため、熱変色があり、
ブラシも先端部に熱変色が、見られ、
過熱ぎみで使用されていますので、
ドリルさんが、熱いよ〜と 言っていそうです。

やや強めに研磨して綺麗な銅色に戻しました。
ブラシは80%位 残っています。


113dr07.jpg

高速低速スライド切替が固かったのでグリスUP
クラッチ切替も固かったので回転溝とクリック板バネをグリスUP


113dr08.jpg

仮組付けして 試験
いい感じに なりました。

逆接続アラームを装備しようと思うのですが、
圧電ブザー部品が、まだ入荷せず。。
本日は、ここまで

ドリルケース

ドリルケースを改造しました。

ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。






日立のプロ用ドリルケースは大きくて丈夫いです。

中をくり抜いて
リョービドライバーとインパクト 電池 2個 充電器 2個 を
収納できるように改造しましたよ。

木枠を作って裏からビス留め
電池を安全に収納したのがポイント

重心を低くしたのも小ポイント

2個同時に充電したいのです。

****************************************
出番は少ないです きっと!!

通常は自動車用12V鉛バッテリー駆動のコード式で、
出張修理でも十分ですなのです。
軽くて
長時間使用もOK
数月に1回の充電でOK
古いバッテリーでOKなため超低コスト

さらに
緊急出張修理の時はコードレス電池に、
充電する時間がないので、コードレス式は、
まったく使用できません。


唯一 高所作業時に必要なのですよコレ
AC100Vは無い
自動車用バッテリーは上げれない
どちらもケーブルが届かない
そのような場所のみ、高価なコードレス電池式を使用するのです。

ドリルとインパクトの両方がないと不便なのですが、
準備に2つのケースを用意するのが、もっと不便です。
作業前に電池1個づつ充電していては、これまた不便

これで、一挙に解決スッキリしました。

後日 松下セットと日立セットも作ります。
各メーカーに特徴があり作業種類によって使い分けが必要なのです。

寒かったり 風強かったり 夜だったり
緊急出張修理はイヤーです。
笑顔で帰れるくらいに
おひねり おねがいしま〜〜〜す。

ファンベルト

ベルトがプッツン切れました。
しかも 夜 走行中 路上で
呼び出されましたよ〜
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




なんとかかんとか我家まで到着

本日ベルトが入荷したので、早速 張りましたよ
ついでにクーラーベルトも交換
軽トラックはやりにくく 中腰姿勢がなんとも辛い!!!!!!!!!
超古く お手入れ無しの感じ---やはり お手手が真っ黒

コードレスブロワー

コードレスブロワーをフルメンテナンス
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




完成写真


blower12v02.jpg

分解して、清掃 点検


blower12v03.jpg

モーター 清掃 点検 グリスアップ
使用が少なく ブラシ90%あり 整流子は綺麗でした。

blower12v05.jpg

外部電源駆動に配線を改造


AC100V機に比べると 風量が少ないです。
電力が、少ないので仕方ないですね!!

赤ちゃんのおもちゃ

本日は、おもちゃおじさんです。
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




電源が入りません。
分解するとボリュームスイッチ可動片板が
錆びて導通がありませんでした。

磨いて修理完了。

おじさん時代はゼンマイばねでコリコリ巻いていたのを
ほんのかすかに覚えています。

今や、これまでもリチウム充電電池内臓のマイコン制御式
風情が、ありませんですね〜。

丸のこ修理

電動丸のこをフルメンテナンスしました。
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。



完成写真

marunoko02.jpg
分解して洗剤などで 丸洗い 点検
ガイドとブレーキカバーを黒塗装

marunoko03.jpg
不調の原因 ブラシホルダー研磨整形補修
連続運転過熱のためなどで、
樹脂ホルダーが変形してブラシが固着
コストダウンで、なんでもかんでもプラスチック化はダメです。

marunoko04.jpg
モーター絶縁試験 整流子を清掃研磨
漏電 感電防止のため、
AC100V機は必ず試験しなければなりません。

marunoko05.jpg
ギア部 清掃 点検 グリス交換

marunoko06.jpg
スイッチ部 清掃 点検 電源ケーブル接続
絶縁圧着端子には専用工具が必要です。

marunoko07.jpg
完成後に念のため再度漏電試験
結果良好
試運転して完了 パチパチ!!
1日係りましたです。フ〜

小型モーターのカーボンブラシ取り替え

カーボンブラシを付け替えました。

ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。


drilldarbon01.jpg

大型モーター用のカーボンブラシから切り出して整形
磨り減ったブラシを撤去してはめ込み接着


drilldarbon02.jpg

本来、交換する設計でないものですが、
そこは おじさん 腕と技で とっとと交換します。

これで また数年 使えるようになりました。

この作業 机がカーボンの粉で真っ黒に汚れるのが難点でして、
掃除が作業の3割をしめてしまいます。

ミニドリル

ドリルが動きません
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。




スイッチトリガーがガタガタです。

分解するとスイッチケースが割れて断裂していました。
このメーカーのスイッチは?ですのでレバー付きマイクロスイッチに交換
レバーをクネクネ曲げて修理完了。

9.5ミリ角インパクトレンチ

珍しい稀少なインパクトレンチを入手しました。
ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。

一般のインパクトは六角の6.3ミリか四角の12.7ミリのチャックなのですが
これは四角の9.5ミリなのです。
一般に市販されている安売りソケットレンチボックスが
そのまま取り付けることができます
安売りのはインパクト用ではないので減りは早いのですが、
十分に使用できます。
手持ちの四角9.5ミリソケットレンチセットが電動になって
これからは楽できます。



分解 清掃 修理 整備 した後に 改造
トリガーがON OFFだけでしたので、無段階変速にしました。
手持ち部品から似た機種のトリガーセットを移植
取り付くように放熱器を一ヶ所加工
同じ時代のドリルは、ほぼ同じ設計なので楽々
FETを絶縁加工しケーブルつけて完了。
本来9.6V用なのですが、この古い日立機種は12VでもOK
(松下系は電圧厳守 電圧超過使用は厳禁)

12V 24A 288W
大迫力です。レンチは一味違いますね。
8ミリボルト以下はパワーが多すぎて捻切れますので要注意です。

ハンディブロワー

ブロワー点検整備改良

ここはhttp://naorukamo.blog.fc2.com 今一度 お確かめ下さい。
本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
アフィリエイトは行っていません。


ハンディブロワー AC100V 550Wを、譲っていただきました。

ブロワーは、衛生上
必ず すべて分解 清掃 消毒が必要です。



分解して丸洗いしました。
フィンを外すのが、大苦労の機種です。


blower55002.jpg

モーターも洗浄 整流子研磨 グリスアップ


blower55003.jpg

電流が6.0Aと多いため
ダイオートを挿入して4.5Aに低減できるように改良
スイッチで全速 低速を切り替え出きるように回路変更

む〜
整備し難い機種というか、
使い捨て設計というか
えらい時間と手間が、かかりましたです。

«  | ホーム |  »

番号!

プロフィール

修理おじさん

Author:修理おじさん
知識技術、知恵と発想で
修理不能と言われた物も
なんとか修理改造して
大切に使いましょう。
修理品等のご相談は
下記のメールフォーム
から どうぞ!!

最新記事

カテゴリ

はじめに (2)
修理 (487)
家庭用電気機械製品 (71)
オーディオ (51)
パソコン (70)
無線機 (13)
電話機 (9)
ミシン (1)
工業用電気機械製品 (131)
農業用電気機械製品 (9)
魚業用電気機械製品 (0)
自転車 (10)
リヤカー (2)
自動車 (52)
農耕車 (2)
防災 医療 (19)
その他の機器 (47)
未分類 (6)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: